ぶっしきVSふつしき

ガレットのあとは?

報恩寺さんでのイベントの続きです。

お寺でフレンチナイトコンサート

メリメロさんのガレットでホッコリ満足したあとは、仏人シンガーソングライター登場です。

前説。

演者さんについて、ほぼ何も知らずに座っていて、これから何が起こるかわかっていませんでした。

リュドヴィック・べー・アーさん。

フランス、ブルゴーニュ地動出身のシンガーソングライター、ギタリスト。

一曲一曲。その作品のテーマや生い立ちについて、けして流ちょうとはいえない日本語と手振りで丁寧に紹介される。それがじわり染み入ってきて、そこから楽曲がはじまる。

最初の曲。

「愛犬を亡くし、森に埋葬したときにつくった」

「つまり、彼は森で生きています」

などと語かけられ、静かにギターが響きました。

当然、私の意識は5年前へと。

愛犬てんを山に還したあの日。スコップの手触り、土のにおい。

ジャンルとかわからないけれど、脳裏の回想とよくリンクして胸が熱くなりました。

彼は時折、風のうなりのようなのを発しそれがまた泣ける。

一曲目で完全にぶちのめされて号泣していました。

言葉がわからないから、わかることがあるのかな。

終わってから少し話してサインもらいました。

良質な音楽、フィーリング、美味しい料理、それらを大切に暮らしてください。みたいなことを話しながら書いてくれました。翻訳アプリ使えばいいのだろうけど、いまはそっとしておきたいような。

いやはや。本当にいい時間を過ごしました。

ありがとうございました。

まさに大地の癒やし。

またどこかで彼の演奏を聴けますように。

Teuchi_sova & grill mahoroba Uda-shi,Nara Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。