フクちゃんを写せ!

そういえば、蕎麦を打たない日はあっても。。

一眼レフカメラにさわらない日はない。

そもそもは「蕎麦を忠実に撮りたい」というのがきっかけでニコンを入手。

蕎麦打ちの上達より、撮影の上達のほうがはやかったという噂もちらほら。

蕎麦ばかりじゃ飽きるので、鳥を追いかけたり。

といっても鳥は逃げるので、逃げないのを撮ったり。

最近、「俺はカメラが好き」だということを自分の中で認めた。

よく「何を撮るの?」と聞かれ、「ん~~」「特に決めてなくて」などと濁してきたが、「カメラが好き」ということになると答えは簡単。

「カメラを試しているだけです」

きっぱり。

麦が写るかどうか試してるだけ。

タヌキが写るか試す。

森を貫通する陽光が写るかを試写。

と、まあ。行き当たりばったり撮るわけだが、先日、ようやく明確に撮りたいものをみつけた。そのシャッターチャンスは、私が魚を食すときに訪れる。

そいつはカーテンの向こうから現れる。

くっ、ブレた。。。

いま。とにかくこれを狙っている。

次はシャープに撮ってやろうと燃え、フクちゃんの好きな魚を焼き、照明を用意して待つが、彼女はこの後、カーテンを迂回するようになった。おそらく私の行為をこう認識したに違いない。

「罠」

やはり、撮影スタイルを肩ひじ張らぬ「試写」にもどして再挑戦しよと思ふ。

フクちゃん、明日も一緒にお魚食べようね。

Teuchi_sova & grill mahoroba Uda-shi,Nara Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。